笑福亭鶴瓶が明石家さんまの肩書について熱弁「テレビを使った落語家」

明石家さんま
5日放送の「あの頃キミは若かった」(TBS系)で、笑福亭鶴瓶が、明石家さんまの肩書について熱弁した。番組では、ゲストのロンドンブーツ1号2号・田村淳が鶴瓶の印象について、ずっと高座に上がっているので「芸人さん」だと思っていると語った。そして淳自身はもう「芸人を辞めた人間」で、タレントになったと考えているという。これに鶴瓶は、淳は芸人だと反論。さらに例としてさんまをあげて、彼が元々は落語家志望だったことを明かす。さんまは笑福亭松之助に弟子入りしているが、 全文
トピックニュース 04月06日 13時07分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2oFGL3h

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中