北野武が映画で極端な暴力シーンを描くワケ「ものすごい愛に変わる」

北野武
9日放送の「日曜美術館」(NHK Eテレ)で、北野武が、自身の映画で暴力的なシーンを描く理由を明かした。番組では「ピカソ×北野武」と題し、画家・ピカソを愛好する北野が“ピカソの1枚”として「泣く女」(1937年)を選び、その魅力を語っていった。北野は、ピカソが「泣く女」で表現した複雑な感情について、自身の映画を引き合いに出しながら考察していく。感情を表現することは「難しい」と指摘した上で、北野映画に極端な暴力シーンがよく登場する理由について「振り子が±0の所 全文
トピックニュース 04月09日 13時05分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2ntajkE

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中