益子直美が味わった不妊治療中の苦悩 友人から心無い言葉も

17日放送の「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(TBS系)で、元バレーボール日本代表の益子直美さんが、不妊治療に苦しんでいた過去を告白した。益子さんは、2006年に12歳年下で当時ロードレーサーだった山本雅道氏と年の差婚を挙げた夫婦の暮らしぶりを伝えた。仲睦まじいふたりだが、益子は結婚後、子宮に大きなポリープが発見されたそう。その切除手術は無事成功したが、当時、42歳で妊娠を切望していた益子は不妊治療を始める。治療中は女性ホルモンを毎日投薬し、仕事の合間に 全文
トピックニュース 04月18日 11時12分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2pLVMgU

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中