茂木健一郎氏 JASRACの祝辞に対する著作権料請求に「ひどい組織」

茂木健一郎氏
19日、脳科学者・茂木健一郎氏が自身のTwitter上で、祝辞に著作権使用料を請求した日本音楽著作権協会(JASRAC)を批判した。発端は、4月に行われた京都大学入学式における山極寿一総長の祝辞にある。その祝辞では、米国歌手・ボブ・ディラン氏の楽曲「風に吹かれて」の歌詞の一節を使用しており、現在は同大HPで公開されている。同日付けの京都新聞の報道によると、ディラン氏の著作権を管理するJASRACは、このHP上に歌詞を掲載した分の使用料を京大に請求しているという。茂木氏は、 全文
トピックニュース 05月19日 12時55分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2qYfvhJ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中