「K-1」での驚愕の対応を佐竹雅昭が暴露…判定不服に「どうでもエエやん」

26日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、格闘家・佐竹雅昭が、「K-1」で体験した不可解な対応を暴露した。番組では、20日のWBAミドル級王座決定戦で村田諒太選手が不可解な判定で負けた件に、WBA会長が再戦を命じたことを取り上げた。この話題にコメントを求められた佐竹は、「K-1 GRAND PRIX ’99」で格闘家・武蔵と対戦し、判定結果に不満のため「K-1」から離脱した自身の過去を語り始める。佐竹は「僕も訴えに言ったときに『そんなのどうでもエエやん』って」と、相手が答え 全文
トピックニュース 05月27日 13時47分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2qt96X6

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中