「スターウォーズは女に乗っ取られるまで最高だった」…最新作の監督が痛快な反応

日本で12月15日に公開される映画「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」。近年の同シリーズについての否定的な意見に対する、ライアン・ジョンソン監督の反応が話題になっている。1日、作家のJack PosobiecさんがTwitter上で「Star Wars was great until the women took it over」(スター・ウォーズは、女性に乗っ取られるまでが素晴らしかった)と投稿。2015年に公開され、約10年ぶりの続編となった第7作「フォースの覚醒」ではイギリスの女優デイジー・リドリーが主人公 全文
トピックニュース 06月01日 17時37分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2rX5YrH

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中