井ノ原快彦 残業めぐる社会の風潮を批判「『それそれ、働け』って言われても」

写真:gettyimages
7日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、井ノ原快彦が、世にはびこる残業をめぐり、社会的な風潮を批判した。番組では、現在の家族が直面する労働問題を取り上げた。たびたび問題となる残業問題について、番組は、「労働についての意識と実態」という調査結果を紹介し、残業を行なった理由に注目する。そこには「人手が足りない」が49.0%、「突発的な仕事がある」が42.6%と上位を占めたほか、「先に帰りづらい雰囲気」「残業手当を生活の当てにしている」といった回答も上がった。出演者 全文
トピックニュース 06月07日 11時43分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2sBB853

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中