西野亮廣が「芸能界の奴隷契約」に持論「やれることがあるんじゃないか?」

キングコング・西野亮廣
14日、キングコング・西野亮廣が自身のブログを更新し、芸能界における契約事情に持論を展開した。西野は「芸能界の奴隷契約について」と題したブログ記事で、タレントと芸能事務所の関係を綴った。まず西野は「芸能界の奴隷契約」という話題を目にする際「タレントや、タレントのファン目線で書かれており、悪者は決まって芸能界事務所」としたうえで、悪者とされる事務所目線で言及する。西野は、事務所がスターを発掘して育成するには、膨大なコストがかかっていることを説明。そし 全文
トピックニュース 06月14日 19時45分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2s0ngDn

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中