関口宏 「共謀罪」成立で国民の当事者意識を指摘「数を与えたのは国民」

18日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏が、共謀罪成立をめぐって国民の意識の問題を指摘した。15日朝、犯罪を計画段階から処罰できるようにする「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的犯罪処罰法が、与党などの賛成多数で成立した。番組冒頭、関口は「何かどんどん戦中戦前に戻っていってしまう」「今の日本のこの国の在り方が変わってしまうなという感じが僕はしてるんですよ」と嘆く。そして、スポーツジャーナリストの中西哲生氏が、衆参院の数の論理で法案が成立した以 全文
トピックニュース 06月18日 10時00分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2tAoDGU

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中