亀田興毅氏 10代のころ明石家さんまにまでタメ口を利いていた理由

亀田興毅氏
12日放送の「良かれと思って!」(フジテレビ系)で、ボクシング元世界王者の亀田興毅氏が、明石家さんまに対して当初タメ口だった理由を明かした。番組では、亀田氏がゲストで登場し、かつてマスコミの前で演じていた「ヒールキャラ」で受けた苦労を告白していた。当時10代だった亀田氏は迷った末、テレビ出演時もキャラを押し通すことを決断。同局のトークバラエティ番組「さんまのまんま」に出た際、なんとさんまにタメ口を利いたという。しかし、亀田氏はそのキャラを続けるうち、 全文
トピックニュース 07月13日 12時56分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2sSuoiW

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中