ナイツ・塙宣之が「週刊文春」の記者に抱いた恐怖「警察と一緒」

塙宣之(ナイツ)
20日放送のラジオ番組「ラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)で、ナイツ・塙宣之が、「週刊文春」記者に恐怖を抱いたと告白した。塙は番組冒頭、佐賀空港で体験したエピソードを披露した。当時、空港に併設されているカフェでネタを作りつつ、飛行機を待っていたとか。だが、突然に「『週刊文春』の者です」と記者が肩を叩いてきたと明かす。塙は心臓が止まるかと思うほど驚いて、「何やった、俺!?」「なんかやっちゃったのかな?!」とひどく焦ったそう。だが記者は、ただ単に食事を取 全文
トピックニュース 07月21日 13時20分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2uOzAsL

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中