竹原慎二氏ががん闘病中に医師から受けた「仕打ち」判明まで約1年かかったことも…

26日放送の「ノンストップ」(フジテレビ系)で、元ボクシング世界王者の竹原慎二氏が、がん治療の際に関わった担当医師らの様子を明かした。番組では、医療治療における「セカンドオピニオン」を特集。「セカンドオピニオン」とは病気の診断や治療法について主治医以外の医師に意見を求めることで、主治医が誤った診断をした場合でも正しい治療を早期に促せるメリットがある。竹原氏は「セカンドオピニオン」に関する著書も出版しており、今回は自身の体験談をVTRで紹介した。2013年 全文
トピックニュース 07月26日 16時40分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2h2aH6S

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中