フィフィ 23歳男性の過労自殺で政府を批判「何が働き方改革だよって呆れる」

フィフィ
26日、タレントのフィフィが自身のTwitter上で、23歳男性が新国立競技場がらみの過重労働で自殺した一件について、政府を批判した。2017年3月、新国立競技場の施工管理を担当していた23歳男性が過重労働で自殺した。事件発覚当時、男性の時間外労働は80時間以内とみられていたが、再調査の結果、今年1月に116時間、2月には193時間にも達していた。自殺直前の直近1ヶ月の時間外労働は200時間を超過していたという。フィフィはこの事件を取り上げ、「デザイン白紙撤回で新国立競技場の工 全文
トピックニュース 07月27日 12時28分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2v0VAAi

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中