鈴木明子 拒食症の始まりはコーチの助言「1kg減らせば跳べる」

鈴木明子
8日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で、元フィギュアスケート選手の鈴木明子が、拒食症に苦しんだ現役時代前半を振り返った。番組では「拒食症と闘った鈴木明子」と題して、現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する鈴木が、選手時代に体重が34kgまで激減した過去が明かされた。高校時代から、母親とともに厳しい体重管理をしてきた鈴木。大学時代、長久保裕コーチに「あと1kgだな。1kg減らせば、良いジャンプが跳べる」と言い渡される。ここから、鈴木の摂食障 全文
トピックニュース 08月09日 09時50分

cc_by-nd

from ライブドアニュース – トピックニュース http://ift.tt/2uEBXdh

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中